小野さんといえば、「黒子のバスケ」黒子テツヤ役をはじめ、「ALL OUT!!」「文豪ストレイドッグス」「ReLIFE」などに出演。声優としての活動だけでなく、俳優としても舞台作品に登壇し、さらに歌手活動も行うなど幅広い分野でその才能を活かしています。

そんな小野賢章さんは実は子役からデビューされていると知っていましたか?誰もが知っているあの有名な「ハリーポッター」シリーズも彼の代表作です。そんな小野さんとハリーポッターの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

小野賢章とは?

出典:https://matome.naver.jp/odai/2148742820675453201

 

《プロフィール》

名前 小野 賢章(おの けんしょう)
愛称 賢章先生
出生地 福岡県
生年月日 1989年10月5日
血液型 A型
身長 170 cm
職業 俳優、声優、歌手
事務所 アニモプロデュース
趣味 ギター
特技 体操、バスケットボール、大阪弁、博多弁
代表作 「黒子のバスケ」(黒子テツヤ)

「文豪ストレイドッグス」(芥川龍之介)

「ハリーポッター」シリーズ (ハリー・ポッター)

 

「賢章」という名前は、デザイナーの安部兼章が由来。

愛称の「賢章先生」は「ミュージカル・テニスの王子様」に出演していた頃、役者仲間でゲーム「モンスターハンター」が流行り、小野がゲームを教えたりしていたことから陳内将が先生と呼び始め、それがファンの間にも広まったとのこと。

実は子役としてデビュー!

子役デビューのきっかけ

出典:http://tower.jp/article/feature_item/2014/06/12/0701

 

4歳で子役デビュー!「忍者戦隊カクレンジャー」を見て「この世界に行きたい」思い、現実的に考えた母親が児童劇団に連れていったことがきっかけでした。

子役時代には、劇団四季のミュージカル「ライオン・キング」のヤングシンバ役や、NHKの大河ドラマ「利家とまつ」などにも出演。子役時代から多くの舞台・映画・ドラマに出演しています。

「ライオン・キング」では、小学4年生頃に合格しましたが、デビュー間近になった頃に出演させるには難しい状態であると呼び出されたそう。その時に「このままやめてもらうか、もう1回稽古場に戻って稽古するか」と選択を迫られた!しかし、そんな苦難の乗り越え「ライオン・キング」には小学5年生から中学1年生まで出演しています。

以前は劇団ひまわり系列の砂岡事務所に所属していたが、2012年9月30日付けで退所。

スポンサーリンク

あの超有名映画の吹替担当

小野賢章の原点!「ハリーポッター」の10年間

出典:https://matome.naver.jp/odai/2135540774173356701/2135540782073370003

 

子役から活躍し、今や人気声優の地位を確立した小野賢章さん。そんな人気声優の彼の原点ともいえるのが、世界的に超有名映画「ハリー・ポッター」シリーズ。その主人公・ハリー・ポッター役を12歳からなんと10年間!担当していました。

 

小野賢章さん自身は、ハリー・ポッターの原作を読んだことがなかったみたいですが、原作の大ファンだった母親からの強いすすめで、オーディションを受けました。

「オーディションの話をもらった時に(母が)賢章、これは絶対に受かりなさい! こ・れ・は!! 受かりなさい!!」と強く念押しされた」と振り返っています。

 

母の演技指導を受けながら2001年~2011年まで担当していくのですが、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」から声変わりの時期に入っており、戦いの場面では叫び声が出ないこともあってアフレコ収録で苦労したという。無我夢中で演じていた小野賢章さんだったが、この声変わりがきっかけで芝居について考えるようになったと語っています。

ハリーとともに小野賢章さんの成長が見られる作品です。

ハリーポッターとTwitter

金曜ロードショーなどで再放送されている「ハリーポッター」シリーズ。

その度に小野賢章さんはTwitterにアップされています。

その内容がこちら↓。

 

 

小野賢章さんがハリーポッターのことについてツイートすると

ファンの方たちもかなり反応が大きいです!

なんといっても10年担当していましたからね。反応が大きいことも頷けます!

スポンサーリンク

現在のマルチな活動

人気声優の地位確立!彼の魅力とは?

出典:http://gaclub.operahouse.co.jp/special/castcomment/

出典:http://www.pashplus.jp/event/anime/50660/

 

ハリー・ポッターの吹き替えを契機に、声優としても精力的に活動しています。

小野賢章さんの代表作「黒子のバスケ」の主人公、黒子テツヤの声を演じて一躍人気声優となり、さらに声優としての実力が認められ、一気に声の仕事が増えていきます。

 

少し高めのトーンでありながらも落ち着いた柔らかい声が特徴で、繊細かつ芯が強い役がハマリ役ですが、ちょっと腹黒さを感じる役も得意です。。

主に舞台で活躍する俳優活動!

出典:http://www.pashplus.jp/event/anime/50660/

 

子役時代から俳優として活動しているので出演作も多いですが、現在の俳優活動には主に舞台での活動が目立ちます。ミュージカル「テニスの王子様」シリーズの2ndシーズンでは、室町十次役を担当。

声優としても自身が担当した黒子テツヤ役を演じる舞台「黒子のバスケ」は、大きな話題となりました。様々な作品に出演されています。

俳優と声優の両立

出典:https://twitter.com/kajinoom903/status/518418522515312643

 

小野賢章さんは「声優は声だけで伝えなきゃいけないけれど、俳優は表情や身体で表現できる。両方難しさがあるけれど俳優として身体を使うのも楽しい」と語っている。小野曰く、声の仕事も舞台の仕事も区別しないように心がけて、今後も声の仕事にこだわらず、いろいろなことに挑戦していきたいと意欲を見せています。

2014年に声帯ポリープの切除手術を実施した。

歌手デビュー!歌唱力も抜群!

出典:http://anican.jp/column/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E8%B3%A2%E7%AB%A0-2nd%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%80%8Czero%E3%80%8D%E5%8F%8E%E9%8C%B2%E6%9B%B2%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

出典:https://twitter.com/ryoka6982/status/650673405042147328

 

2014年2月にLantisより歌手デビュー。

デビュー曲「FANTASTIC TUNE」や、ロック調のナンバーである「ZERO」は、「黒子のバスケ」で、それぞれEDとOPを飾りました。

ライブでは、ギター演奏や洋楽のカバー曲も歌っています。

 

まとめ

出典:https://twitter.com/search?q=%23%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%87%E3%83%BC%E5%85%88%E7%94%9Fhappybirthday&src=typd

 

子役時代から活躍し、声優以外に歌手や俳優など様々な分野で活躍の場を広げている小野賢章さん。彼の原点「ハリーポッター」シリーズでは10年もの長い期間、同じ役を演じ切り、彼自身もともに成長してきたと言っても過言ではありません。

また小野さんを一躍有名にした「黒子のバスケ」をはじめ、様々な作品に引っ張りだこな人気声優にまで上り詰めた彼の今後の活躍にも期待しましょう!