皆さんこんにちは!!
以前、畠中祐さんについての記事を執筆させていただいた筆者です。

前回は畠中さんが声優を目指したきっかけや通っていた大学などについて書かせていただきましたが、今回はアーティスト・畠中祐についてやネット上でよく言われている事についてお話させていただきたいと思います!

スポンサーリンク

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

アーティスト・畠中祐について


出典元 https://twitter.com/tasukubar0817/status/916620762324230145

畠中さんのプロフィールについては、前回の記事でご紹介させていただいたので省略させていただいて…笑
さっそく、アーティスト・畠中祐についてお話させていただきます!

元よりその歌唱力の高さはファンの間で話題になっており、夢色キャストやKING OF PRISMシリーズをはじめとする歌唱が必須となる作品への出演が多く、更にダンスなどのパフォーマンスのクオリティの高さからアーティストデビューも近いのではないかと噂をされていましたが、2017年7月に「STAND UP」でデビューした畠中さん。

前回の記事でもお話しましたが、アーティストデビューは”夢色キャスト”のオーディションの際にプロデューサーから声を掛けられていたそう。
しかし、当時の畠中さんは「アーティストデビューはまだ先の事」だと思っていたそうで、断っていたとのこと。
そして昨年3月に自身が所属する賢プロダクションが主催するライブ「KENPROCKフェス」に出演することになり、当初は夢色キャストの楽曲を歌う予定でしたが、「KENPROCKフェスでアーティストデビュー発表をしませんか?」と再度誘われてデビューすることになりました。

そのデビュー決定の瞬間からKENPROCKフェスまでの畠中さんを追いかけた映像が、デビューシングル「STAND UP」の初回限定版に特典映像として収録されています。

特典映像にてデビューシングルの発売日が決まりましたと報告された畠中さんのリアクションはとても可愛らしくもありながら、いよいよだという気持ちからかより引き締まった表情をしていました。
そして裏側をすべて見せるという意図のこの映像は、「STAND UP」の収録風景はもちろんのことジャケットの衣装合わせからMV撮影までの全工程を垣間見ることが出来、声優・畠中祐がアーティスト・畠中祐になるまでの軌跡を追いかけた貴重な映像となっています!

アーティストデビュー発表、そしてそのデビュー曲を引っ提げての初ステージであるKENPROCKフェスでは、突然の発表にざわめく会場のステージにバックダンサーを引き連れて登場した畠中さん。
大きな会場と大勢のお客さんに加えて、ハードな楽曲である「STAND UP」を歌いながら踊るという初めての経験にも関わらず堂々たるパフォーマンスで会場を大いに沸かせていました。

アーティスト・畠中祐としてはまだまだ走り始めたばかりですが、今後もさらなるパフォーマンスが期待できそうです!!

スポンサーリンク

畠中祐は芝居が下手?


出典元 https://twitter.com/tasukubar0817/status/921722726900940800

様々なジャンルで頑張っている畠中さんですが、ネットの掲示板では度々「芝居が下手だ」と言われているんです。

というのも畠中さんご自身がパーソナリティを務めているラジオ「畠中祐の今、向かってます!!!」(ニコニコ動画・声グララジオチャンネルにて毎週月曜日、響ラジオステーションにて毎週火曜日更新)にて自身の目標として”滑舌を良くする”、”漢字を読めるようになる”と上げるほど苦手なんだとか。

このように自身も弱点として挙げている”滑舌”が不明瞭なことが叫ぶ役やハイテンションな役が多い畠中さんの欠点となり、結果的に「何を言っているかわからないから下手に聞こえる」という状態になっているのではないかと思います。

また、KING OF PRISMシリーズの香賀美タイガや僕のヒーローアカデミアの上鳴電気などほとんど批判がないどころか声がついたことにより人気キャラにまで上り詰めた役もある反面、うしおととらの蒼月潮や甲鉄城のカバネリの生駒など叫ぶセリフが多い役では「下手すぎて実力不足ではないか」といういう声も多く見られます。

しかしながら、周りから指摘されている部分は畠中さん自身も自覚があり、改善するためにと番組でも様々なことに挑戦しています。
根本的に芝居が下手だという事ではないので、滑舌の不明瞭さや漢字が読めないなどに関してはこれから改善されるであろうというところですかね~~

初めてのドラマ撮影


出典元 https://twitter.com/tasukubar0817/status/939340304137588737

そんな畠中さんですが、現在WOWOWとGYAO!にて配信されている「セカイ系バラエティ 僕声(ぼくこえ)」にて初めてのドラマ撮影に挑戦したそうです。

「畠中祐の今、向かってます!!!」などでもよく話をしているのですが、初めてのドラマ撮影で台本を覚えて芝居をすること自体も大学の演劇部以来だという畠中さん。
休憩中も会話で盛り上がるエキストラの現役高校生たちに年齢の差を感じたんだとか…笑

しかしながら、実際に身体を動かして芝居をしたことで新たな刺激を受けたそうで、「やったほうがいい経験だ」とも話しており、今後このドラマ撮影で体験したものが畠中さんの芝居にどのように影響していくのかこちらも楽しみなところですね(笑)

まとめ


出典元 https://twitter.com/tasukubar0817/status/933331328807792640

ここまで再度、畠中祐さんについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

昨年は「STAND UP」でのアーティストデビューから、バラエティ番組への出演・ドラマ撮影、さらには増田俊樹さんとの自主製作企画の始動などなど沢山のことを経験した畠中さん。
今後は声優・畠中祐だけではなく、アーティスト・俳優としての畠中祐の活動にも期待をしていきたいと思います!!

スポンサーリンク