さまざまなドラマCDがありますが、今回は『切ない・泣ける』BLCDを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

俎上の鯉は二度跳ねる 遊佐浩二×中村悠一(中村悠一×遊佐浩二)


出典:https://www.amazon.co.jp/俎上の鯉は二度跳ねる-2-ドラマCD-イメージ・アルバム/dp/B002SUPHJY

原作:水城 せとな

前作品の「窮鼠はチーズの夢を見る」の続編ですが、こちらから聴いても問題ないと思います。

この作品の見所?(聞き所?)は何と言っても遊佐さんの演技の凄さです!

遊佐さんもキャストロールで語っていましたが、本当に「面倒くさい」人ですw

その面倒くさい、情緒不安定な今ヶ瀬を見事に演じていて、時間が経つのがあっという間で何度もリピートしてしまいたくなる作品です。

今ヶ瀬と恭一の痴話喧嘩がおすすめですw

遊佐さんおすすめの聞き所は”北京ダック”だそうですwww

あらすじ

妻と離婚した恭一(中村悠一)。だが今ヶ瀬(遊佐浩二)との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。
今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。
ところが、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が2人の関係を大きく揺るがし始め…?

俎上の鯉は二度跳ねる

スポンサーリンク

すべてはこの夜に(2枚目) 高瀬右光×遊佐浩二


出典:https://www.amazon.co.jp/すべてはこの夜に-イメージ・アルバム/dp/B0017LF7G8

原作:英田 サキ

3枚組CDで、1枚目は湊 彰彦(鳥海浩輔)と加持智充(神谷浩史)のお話で、2枚目は湊の教育係の武井靖之(高瀬右光)と武井の亡くなった姉の夫・鈴原亮一(遊佐浩二)のお話です。

3枚目はフリートークのみのCDです。

遊佐さんの演技が素晴らしくて、続けて登場してしまいました。

最初から最後までキャラクターが作り込まれ、演じきる役者の技術に驚嘆します!

亮一の印象的なセリフ

靖之…見て。桜だ。桜が咲いてるよ。真っ白で…きれいだね…。良かった…またこの桜を君とまた一緒に見ることができて…

は、思い出すだけでも涙が出ます。

あらすじ

刑務所から出てきた靖之が、姉のお墓参りのために姉の夫・亮一の元を訪ねます。
亮一の怪我のためにしばらく一緒に暮らすことになります。そして、次第に惹かれ合い…。
両思いになったと思ったら離れ離れにならなければいけなくて、一人になった亮一は不安と寂しさで泣いてしまいます。

すべてはこの夜に

スポンサーリンク

美しいこと 杉田智和×鈴木達央


出典:https://www.amazon.co.jp/美しいこと-イメージ・アルバム/dp/B001RC956A

原作:木原 音瀬

BLアワード「声優アーティスト部門」2連覇したことがある鈴木達央さんが出演している作品です。

演技なのかリアルなのかわからないくらい、鈴木さんのイライラ具合が伝わってきますw

そのイライラさせる演技ができる杉田さんが素晴らしいですね!

絡みのシーンは少ないですが、胸を締め付けられる切ない作品です。

あらすじ

週に一度の楽しみ「女装」をして街に出かけていた松岡洋介(鈴木達央)が女装姿の時にナンパに遭い散々な目にあいますが、同じ会社の寛末基文(杉田智和)に助けられます。

女装していると打ち明けられないまま基文に会いますが、いつのまにか洋介は基文に惹かれていく…?

美しいこと

スポンサーリンク

言ノ葉ノ花 小野大輔×神谷浩史


出典:https://www.amazon.co.jp/言ノ葉ノ花-砂原-糖子/dp/B006KLCCWC

原作:砂原糖子

ラジオ『神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜』のコンビが出演している作品です。

言葉で気持ちを伝えるというのがとても大切だとわかる作品です。

小野さんの作品中の”普段の声”と”心の声”の使い分けと、神谷さんの繊細な演技をぜひ聴いて欲しいと思います。

フリートークは180度変わって爆笑ですwww

ぜひ、本編からちゃんと聴いて欲しい作品ですw

あらすじ

余村和明(神谷浩史)は3年前から突然、人の心の声が聞えるようになって人間不信になっていました。

社会復帰のために入った会社で長谷部修一(小野大輔)に出会い、修一から好意を寄せられるうちに和明も心地よくなっていきます。

言ノ葉ノ花

銀の鎮魂歌(レクイエム) 森川智之×石田彰


出典:https://www.amazon.co.jp/銀の鎮魂歌-銀のレクイエム-ドラマCD新装版-石田彰/dp/B001BJ7QR4/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1514181668&sr=8-2&keywords=銀の鎮魂歌

原作:吉原理恵子

何と言ってもすれ違った愛に耐える石田さんの演技が素晴らしいです!

そして、森川さんの泣く演技、激しい気性の演技にも注目です!

悲恋物が好きな人にはおすすめの一枚です。

SE、BGMも凝っていて本当に映画を観ている気分になります。

あらすじ

2年ぶりにキラが吟遊詩人として戻って来たところから物語が始まります。
ルシアンは臣下から心配されるほどキラにのめり込んでいました。
そして、とある誤解から姦淫の罪を着せられ国外追放され離れ離れにされる2人。
2年の間に婚約者もできたのに、突然目の前にキラが現れたから大変。

銀の鎮魂歌(レクイエム)

まとめ

いかがだったでしょうか?

聴いたことのある作品はありましたか?

今回は「悲恋もの」や「泣けるもの」を紹介しました。

どれも勧めの作品なので、気になるものがあったら聴いてみてください!

スポンサーリンク