宮野真守さんや神谷浩史さん、梶裕貴さん、釘宮理恵さん、沢城みゆきさん、悠木碧さん、水樹奈々さん。
皆さん男性・女性問わず幅広いファンを持ち人気を博している方々ですが、とある共通点があります。

その共通点とは何か。
察しのいい方ならなんとなく「これかなぁ?」と言うものが頭に浮かんでいるでしょう。

そう!今名前を挙げた皆さんはこの時期恒例の声優業界の一大イベント・声優アワードの歴代受賞者なんです!!

と、言うことで今回は声優アワードの歴史と歴代受賞者の皆さんについてお話させていただきます!!!

スポンサーリンク

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

声優アワードとは


出典元 http://www.seiyuawards.jp/

声優アワードとは、2006年に「外画放送開始50周年」を記念して、声優業界の発展と人材育成の場として設立されたものです。

毎年、その年度内に放送・公開された「最も印象に残る作品」そしてそれらの作品に命を吹き込む「声優」を対象にその業績を称えるために設立されました。

KADOKAWAや小学館、文化放送などの様々な企業がアニメ業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としています。

それぞれ部門を設け、各々の定義に従い選定・評価・贈賞するものとされており、その数は全部で12部門16賞になります。

各部門は、一般投票を元に候補者の一次選出を行う第1群と、選考委員会にて顕彰される第2群の2種類に分かれています。

第1群について

第1群にあたる部門は、
その年に発表された作品の中で、主演を演じた声優に贈られる、主演男優・女優賞

その年に発表された作品の中で、サブキャラクターあるいは助演を演じた声優に贈られる、助演男優・女優賞

原則としてデビューして5年以内であり、対象期間中に新人賞を取るに相応しい活躍をした声優に贈られる、新人男優・女優賞

声優自身の名前、もしくは作品中の役名で歌唱を発表している声優に贈られる、歌唱賞

声優自身の名前、もしくは作品中の役名でラジオ・インターネットラジオ・テレビ・その他の媒体の番組でパーソナリティや司会として活躍した声優に贈られる、パーソナリティ賞

一般投票にてカテゴリーを問わず最も多くの票を集めた声優に贈られる、最多得票賞が分類されています。

第2群について

そして第2群にあたる部門は、
故人の中で、長年にわたり多くのジャンルにおいて活躍した役者および作品に贈られる、特別功労賞

長年にわたり多くのジャンルにおいて活躍した役者および作品に贈られる、功労賞

声優の魅力を十分に発揮した作品に贈られる、シナジー賞。なお、シナジー賞に限っては年度中に作製された作品だけではなく過去に放送された作品も対象になります。

1年間の間に最も声優と言う職業を各メディアを通じて多く広めた男性に贈られる、富山敬賞

1年間の間に最も声優と言う職業を各メディアを通じて多く広めた女性に贈られる、高橋和枝賞

子どもたちの目線で最も魅力的な声優として選ばれた人物に贈られる、キッズ・ファミリー賞

上記のいずれにも該当しないが、表彰すべき特別な活動をした人物に贈られる、声優アワード特別賞があります。。

また、現在は廃止となっていますが過去には
海外の人たちの目線で選ばれた人物に贈られる、海外ファン賞もありました。

スポンサーリンク

声優アワードの歴史


出典元 https://akiba.keizai.biz/phone/headline.php?id=371

今年で12回目の開催となる声優アワード。
今や様々な部門があり、すでに業界で活躍している声優さんはもちろん、声優志望の方の目標のひとつになりつつある一大イベントですが、2006年の第1回声優アワードでは主演男優・女優賞、サブキャラクター男優・女優賞(現在の助演男優・女優賞)、新人男優・女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞、特別功労賞、功労賞、シナジー賞の8部門11賞と現在よりも少ない部門でのスタートでした。

その後、第3回開催より海外ファン賞、第4回よりキッズ・ファミリー賞、第5回より高橋和枝賞、第6回より最多得票賞・声優アワード特別賞が追加となりましたが、第7回以降は海外からの投票も一般投票に統合されたため現在の12部門16賞と言う形になっています。

歴代受賞者一覧


出典元 http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=617

ではここで、改めて過去に開催された声優アワードの歴代受賞者を紹介させていただきます!

■第1回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:福山潤・朴璐美
○助演男優・女優賞:石田彰・宮田幸季・小清水亜美・後藤邑子
○新人男優・女優賞:柿原徹也・森田成一・鹿野優以・平野綾
○歌唱賞:水樹奈々
○パーソナリティ賞:浅野真澄
○特別功労賞:富山敬
○功労賞:大平透・池田昌子・小原乃梨子・向井真理子
○シナジー賞:ポケットモンスター(登壇者:松本梨香)

■第2回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:宮野真守・平野綾
○助演男優・女優賞:小野大輔・神谷浩史・釘宮理恵・斎賀みつき
○新人男優・女優賞:羽多野渉・代永翼・加藤英美里・小林ゆう
○歌唱賞:もってけ!セーラーふく(平野綾・加藤英美里・福原香織・遠藤綾)
○パーソナリティ賞:鈴村健一
○特別功労賞:城達也
○功労賞:野沢那智・羽佐間道夫・来宮良子
○シナジー賞:仮面ライダー電王(登壇者:関俊彦・遊佐浩二・てらそままさき・鈴村健一)
○富山敬賞:古谷徹

■第3回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:神谷浩史・釘宮理恵
○助演男優・女優賞:井上和彦・杉田智一・遠藤綾・沢城みゆき
○新人男優・女優賞:岡本信彦・梶裕貴・阿澄佳奈・戸松遥
○歌唱賞:中島愛
○パーソナリティ賞:神谷浩史
○特別功労賞:武藤礼子
○功労賞:内海賢二・富田耕生・永井一郎
○シナジー賞:鉄腕アトム(登壇者:清水マリ・水垣洋子・勝田久)
○富山敬賞:山寺宏一
○海外ファン賞:福山潤

■第4回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:小野大輔・沢城みゆき
○助演男優・女優賞:浪川大輔・三木眞一郎・井上喜久子・堀江由衣
○新人男優・女優賞:阿部敦・前野智昭・伊藤かな恵・豊崎愛生
○歌唱賞:放課後ティータイム(豊崎愛生・日笠陽子・佐藤聡美・寿美菜子・竹達彩奈)
○パーソナリティ賞:鈴村健一
○特別功労賞:高橋和枝
○功労賞:玄田哲章・杉山住寿子・田中信夫
○シナジー賞:起動戦士ガンダム(登壇者:古谷徹・池田秀一)
○富山敬賞:水樹奈々
○海外ファン賞:斎賀みつき
○キッズ・ファミリー賞:水田わさび

■第5回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:該当者無し・豊崎愛生
○助演男優・女優賞:岡本信彦・中井和哉・新井里美・伊藤かな恵
○新人男優・女優賞:内山昂輝・金元寿子・佐藤聡美
○歌唱賞:茅原実里
○パーソナリティ賞:豊崎愛生
○特別功労賞:野沢那智
○功労賞:ささきいさお・鈴木弘子・矢島正明
○シナジー賞:名探偵コナン(登壇者:高山みなみ)
○富山敬賞:小山力也
○海外ファン賞:沢城みゆき
○キッズ・ファミリー賞:竹内順子
○高橋和枝賞:田中真弓

■第6回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:平田広明・悠木碧
○助演男優・女優賞:木村良平・宮野真守・加藤英美里
○新人男優・女優賞:江口拓也・松岡禎丞・茅野愛衣・三上枝織
○歌唱賞:ST☆RISH(寺島拓篤・鈴村健一・谷山紀章・宮野真守・諏訪部順一・下野紘)
○パーソナリティ賞:井口裕香
○最多得票賞:神谷浩史
○特別功労賞:小林修・滝口順平・渡部猛
○功労賞:麻井美代子・肝付兼太
○シナジー賞:イナズマイレブンシリーズ(登壇者:竹内順子・寺崎裕香)
○富山敬賞:堀内賢雄
○海外ファン賞:櫻井孝宏
○キッズ・ファミリー賞:大谷育江
○高橋和枝賞:戸田恵子
○特別賞:絵本読み聞かせキャラバン隊(登壇者:中尾隆聖)・川上とも子

スポンサーリンク

■第7回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:梶裕貴・阿澄佳奈
○助演男優・女優賞:小野大輔・諏訪部順一・大原さやか・戸松遥
○新人男優・女優賞:島崎信長・山本和臣・石原夏織・大久保瑠美
○歌唱賞:後ろから這いより隊G(阿澄佳奈・松木未祐・大坪由佳)
○パーソナリティ賞:岩田光央
○最多得票賞:神谷浩史
○特別功労賞:青野武
○功労賞:近石真介・野沢雅子
○シナジー賞:タツノコプロ50周年(登壇者:大平透・森功至・岡本茉利・小原乃梨子)
○富山敬賞:三ツ矢雄二
○キッズ・ファミリー賞:田中真弓
○高橋和枝賞:緒方恵美

■第8回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:梶裕貴・佐藤利奈
○助演男優・女優賞:細谷佳正・石川由依
○新人男優・女優賞:石川界人・山下大輝・内田真礼
○歌唱賞:宮野真守
○最多得票賞:神谷浩史
○特別功労賞:内海賢二・来宮良子
○功労賞:キートン山田・納谷六朗
○シナジー賞:ガールズ&パンツァー(登壇者:渕上舞)
○富山敬賞:三木眞一郎
○キッズ・ファミリー賞:比嘉久美子
○高橋和枝賞:三石琴乃
○特別賞:それいけ!アンパンマン(登壇者:戸田恵子・中尾隆聖)

■第9回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:小野大輔・神田沙也加
○助演男優・女優賞:小西克幸・森川智之・沢城みゆき・花沢香菜
○新人男優・女優賞:逢坂良太・斉藤壮馬・花江夏樹・雨宮天・上田麗奈・洲崎綾
○歌唱賞:μ’s(新田恵海・南條愛乃・内田彩・三森すずこ・飯田里穂・Pile・楠田亜衣奈・久保ユリカ・徳井青空)
○パーソナリティ賞:小野大輔・神谷浩史
○最多得票賞:神谷浩史
○功労賞:大竹宏・白石冬美
○シナジー賞:妖怪ウォッチ(登壇者:戸松遥・関智一)
○富山敬賞:大塚明夫
○キッズ・ファミリー賞:小桜エツコ
○高橋和枝賞:高島雅羅
○特別賞:Wake up,Girls!(登壇者:吉岡茉祐・田中美海・青山吉能)

■第10回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:松岡禎丞・水瀬いのり
○助演男優・女優賞:鈴村健一・細谷佳正・伊藤静・早見沙織
○新人男優・女優賞:梅原裕一郎・武内駿輔・村瀬歩・上坂すみれ・高橋李依・田中あいみ
○歌唱賞:I☆Ris(山北早紀・芹澤優・茜屋日海夏・若井友希・久保田未夢・渋谷梓希)
○パーソナリティ賞:鈴村健一
○最多得票賞:神谷浩史 ※殿堂入り
○功労賞:千々松幸子・中村正・野村道子
○シナジー賞:ちびまる子ちゃん(登壇者:TARAKO)
○富山敬賞:森久保祥太郎
○キッズ・ファミリー賞:ピエール・コフィン
○高橋和枝賞:井上喜久子
○特別賞:A応P

■第11回声優アワード受賞者(敬称略)

○主演男優・女優賞:神木隆之介・上白石萌音
○助演男優・女優賞:大塚芳忠・藩めぐみ
○新人男優・女優賞:伊藤節生・内田雄馬・小林裕介・小澤亜李・千本木彩花・田中美海
○歌唱賞:Aqours(伊波杏樹・逢田梨香子・諏訪ななか・小宮有紗・斉藤朱夏・小林愛香・高槻かなこ・鈴木愛奈・降幡愛)
○パーソナリティ賞:花江夏樹
○功労賞:小林清志・清水マリ・堀絢子
○シナジー賞:君の名は
○キッズ・ファミリー賞:ペットキャスト一同
○高橋和枝賞:島本須美
○特別賞:のん

皆さんの好きな作品や声優さんの名前はありましたか??
こうして歴代の受賞者の方々を見ているとその年にどの作品が流行していたかが分かってなんだか懐かしい気持ちになりますね(笑)

まとめ


出典元 http://www.fukikaeru.com/archives/interview_03_p1.html

ここまで、声優アワードについて歴代受賞者の皆さんの紹介と共にお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

今年の一般投票はすでに終了していますが、皆さんはどなたに投票されましたか?
毎年のことながら、誰が受賞しているのか予想しながら待つのも醍醐味のひとつである声優アワード。
いったい今年は誰が授賞式に登壇するのか、今年を象徴する作品はいったい何なのか、発表が楽しみですね(笑)

スポンサーリンク