声優は男性女性合わせて、今や6000人を超えていると言われる人気の職業となっています。

その中でも、演技力のある男性声優さんをランキング形式にして紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

第5位 堀内賢雄さん

『フルハウス』のジェシーおいたんと言われれば「あぁ〜あの声」とわかる人も多いのではないでしょうか?

元DJで実力派声優として知られ、吹き替えではブラッド・ピットを始めとした美男俳優の吹き替えを多く担当しています。

大人の雰囲気を持った二枚目の役が多いですが、ひょうきんな役を巧みにこなします。


出典:https://marry-xoxo.com/articles/1119

その代表的な役が『機動戦士ガンダムZZ』のマシュマー・セロで、美男子なのに三枚目的な行動をする残念なイケメンですね。

また、苦痛に喘いだりすすり泣く演技は見ている者を引き込むほどです。

 

第4位 速水奨さん


出典:https://matome.naver.jp/odai/2140473857415845001/2140474003517111803

色気のある声で美形の悪役を演じることが多く、担当したキャラクターはどれも人気が出ます。一方で変態な役を任される事もあり、速水さんの別な魅力が見られます。

アニメ『ドラゴンボールZ』ではフリーザの手下である「ザーボン」を担当していて、ナルシストな『ホスト声』がぴったりと大評判でした。


出典:https://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/7278.html

また、醜い姿になったザーボンも速水さんが担当していて、こちらは『凄みのある』演技が見られます。


出典:https://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/7278.html

悪役ならではの見せ所「死に際」での熱演は見ものです!

ショートアニメ『彼岸島X』では、1〜3話各回に登場するキャラクター全てを演じていて、声優・速水奨の本気が見られます!

 

第3位 大塚明夫さん


出典:https://twitter.com/hashtag/大塚明夫生誕祭

渋い声を生かした演技が魅力で男性からも女性からも人気が高いですね。

数々の吹き替えをこなし、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガー両方の吹き替えを担当した数少ない声優です。


出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10117990895

舞台では情けないオヤジを演じ、映画「スパイキッズ」ではコミカルな役もこなすなど、役者魂を見せつけられます。

声優としてだけではなく、俳優としてテレビドラマにも出演されるなど役者・大塚明夫はまだまだ活躍していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

第2位 山寺宏一


出典:http://across-ent.com/talent/men/koichi_yamadera.html

声優を語る上で、この人の名前をしらない人は居ないと言われる伝説の声優。山寺宏一さんが第2位です。

『七色の声を持つ男』『困った時の山ちゃん』で有名ですね。

渋い役からコミカルな役までなんでもこなせると言っても過言ではないと思います。

ディズニー作品に最も多く出演していて、誰もが一度は山寺さんの声を聴いているのではないでしょうか?


出典:http://blog.jami-ru.com/?eid=855920

「ドナルドダック」「ジーニー(アラジン)」「デール(チップとデール)」「サンダーボルト(101匹わんちゃん)」「ムーシュー(ムーラン)」「リロイ(リロアンドスティッチ)」などです。

らんま1/2のシーンで三役こなしたのは有名な話ですね。


出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm4258264

モノマネの番組に出始めたきっかけは、冨永みーなさんに番組へ紹介されたことがきっかけです。

モノマネで山寺さんを知った人も少なくないのでは?

第3位の大塚明夫さんのことを「兄貴」と呼んで慕っていて、若い頃お互い切磋琢磨しあったと語っていました。

第1位 飯塚昭三


出典:http://seigura.com/senior/road/20160322_16983/1.html

堂々第1位はこの人!Mr.悪役 飯塚昭三さんです。

ラスボスといえばこの人!と言われるくらい、自他共に認める悪役ぴったり声優。

50年以上も声優活動しいて、今も第一線で活躍しています。

敵役だと幹部やラスボスが多く、数々の特撮や戦隊モノに出演してきました。


出典:https://ciatr.jp/persons/1527

『人造人間キカイダー」』『宇宙刑事ギャバン』『仮面ライダーBLACK』『恐竜戦隊ジュウレンジャー』などなど。

演技の幅は広く、『忍たま乱太郎』では稗田八宝菜のようなコミカルな悪役も演じています。

アニメでは『機動戦士ガンダム』『北斗の拳』『ドラゴンボール』『Dr.スランプアラレちゃん』『魔神英雄伝ワタル』『魁男塾』などでは、主要キャラを演じ作品を盛り上げてきました。

主役を務めることは少ないですが、2009年に『カールじいさんの空飛ぶ家』では主役のカール・フレドリクセンの声を担当しました。


出典:https://marry-xoxo.com/articles/1119

普段からボランティア活動に積極的に参加していて、その理由は

何度も地球を征服しようとした事への罪滅ぼし

と、語っていますw

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

思っていた声優さんはランキングされていたでしょうか?

やはり演技力がないと生き残っていくのは難しい職業です。

これから飯塚さんを超える悪役声優が出てくるのか、山寺さんを超える七色の声を持つ声優さんは現れるのでしょうか?

今後の若手声優さんの活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク