出典:niconico

漫画「ビー・バップ・ハイスクール」の作者きうちかずひろが小説家としてデビューを果たした作品を原作として、三池監督により実写映画化。キャストには大沢たかお、松嶋菜々子。そして、犯罪者役には藤原竜也と豪華キャスト勢揃い。藤原竜也のぞっとする演技がなんとも言えない恐怖心を感じさせるアクション・スリラー映画です。

あらすじ

ある日、暴行され殺害された少女の遺体が発見された。そして、その少女の祖父は元経団連会長であり経済界の大物・蜷川隆興であった。そして、蜷川は逃亡中の犯人である、清丸国秀への復讐をするため、全国紙にある広告を掲載させた。

それは、「この男を殺害してください。名前・清丸国秀。お礼として10億円お支払いします。」というものだった。それと同時に、蜷川は10億円支払うための殺害の条件を動画配信し、清丸サイトを立ち上げていたのだった。

福岡に潜伏していた清丸はその広告によって命を狙われ、殺されかけた状態で警察へ駆け込んでいた。一方、東京の警視庁では、清丸を福岡から東京へ移送させるため、清丸の護衛をつけることとなった。そして、その役目には警視庁警護課第4係の銘苅警部補と女性警察官の白岩巡査部長が付くことになった。また警視庁捜査一課の奥村警部補と神箸巡査部長も同行し、福岡へ向かうこととなった。

4人は清丸が拘留されている留置所へ向かっていたが、清丸は警察官に命を狙われ傷をおったため搬送先の病院へ向かうこととなった。病院では、命を何度も狙われ傷だらけになったことでパニックになる清丸がいた。命が狙われていても、凶悪な犯罪を何度も犯した犯罪者でもある。警護にやってきた4人の警察官達の葛藤もあった。

10億円という大金を狙って殺害を試みる人たちから、命をかけて守るほどの価値がこの男にあるのかという疑問を抱きながら、果たして銘苅警部補たちは福岡から東京へ、清丸を移送させる任務を遂行することはできるのでしょうか。。。。

出典:ついっぷるトレンド

出典:MANTANWEB

スポンサーリンク

キャスト

銘苅一基/大沢たかお

出典:Nevarまとめ

大学生の頃にスカウトされ、モデルとして活躍しファッション雑誌「MEN’S NON-NO」やパリ・コレにも出演する経験をもつ。その後、俳優としても活躍を広め、現在では数多くの映画、ドラマに出演するなどのベテラン俳優としても有名。また、魅力的な容姿は年を重ねるごとにさらに磨きをかけ、いくつになっても女性ファンを離さないほど。今作では、辛い過去を持ち心に暗闇を抱えながらも必死に正しく生きようとしながら、任務を全うするまっすぐな警部補を演じています。

清丸国秀/藤原達也

出典:気になる最新トピックス

蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」の主演オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビュー。ロンドンでの公演で「15歳とは思えぬ程の存在感」と絶賛される。その後、映画「バトル・ロワイヤル」の主演に抜擢されるなど、数多くの映画、舞台、ドラマで主演を勤めている実力派俳優。今作では犯人役として出演しているが、彼の演技があまりにも独特すぎてぞっとしてしまうほど。

白岩篤子/松嶋菜々子

出典:情報電波塔

旭化成水着マスコットガールに選ばれ、18歳から女性ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルとしても活躍。その後、女優としても数多くの映画、ドラマに出演し引っ張りだこの女優さんです。俳優の反町隆史との結婚、出産後復帰した現在でも大活躍しています。今作では、シングルマザーでありながら優秀な刑事を演じています。

奥村武/岸谷五朗

出典:アミューズ

大学在学中に劇団に入団し、俳優デビュー。その後、ドラマ「みにくいアヒルの子」では主演を勤め、一躍有名となる。個性豊かな演技力があり、悪役からコミカルな役柄まで幅広い役をこなす実力派ベテラン俳優さんです。今作では、護衛の1人でありながら訳ありの一面も秘めている謎の役です。

神箸正樹/永山絢斗

出典:ブレックファーストヌック

三人兄弟の末っ子として生まれ、実の兄は俳優の瑛太。テレビドラマ「おじいちゃん先生」で俳優デビューし、その後映画、ドラマと数多くの作品に出演し注目されている若手俳優の一人です。今作では、熱血な正義心を持つ刑事の役。若い警察官でこういう人いるよなって感じました。

感想

この作品は、アクション・スリラー映画ではありますが、とても考えさせられるものがあります。犯罪者が命を狙われた時、自分だったら自分の命をかけてその犯罪者を守ることができるだろうか、、、と思いました。しかも、10億というお金を賭けられた時、本当に究極に追い込まれた人は殺人に走ってしまうだろうし。それを守る価値があるかどうか、と色々考えたら答えがなかなかでない!!と悩まされました。しかも、命を狙われたことでその犯罪者が自分の犯した罪の重さを感じて反省するならまだしも、清丸国秀という男は根っこからの犯罪者。。。。そこがとても衝撃的でした。それを、不気味な笑みとともに演じきった藤原竜也はすごいと思いながらもぞっとしました。

全体的なストーリーとしてはやや物足りなさはあるものの、藤原竜也の演技が凄すぎてとても印象に残ります。是非、興味がある方はご覧になってみてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。