今や、なりたい職業で「声優」は人気となり、声優を目指す若者も少なくありません。

しかし、声優になりたいとは思っていても「声優になるためにはどうしたらいいのか」わからない人、また、声優は華やかな職業というイメージが強い一方、決して簡単になれるようなものではありません。

今回は、声優になるためにはどの方法が一番いいのか?とご紹介いたします。

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

声優になるための方法

出典:http://www.anime.ac.jp/dictionary/voice_actor.php

 

声優になるためにはいくつか方法があります。

大きく分けて、

①声優養成所

②専門学校や声優スクールなどの学校

③オーディション

④スカウト

 

があります。

それではそれぞれを細かく見ていきましょう。

 

出典:http://www.bachanowo.com/archives/36

 

声優養成所

プロダクションが声優を育てるために運営している付属養成所と、プロダクションに付属してないけど複数のプロダクションと繋がりを持つ独立養成所があります。声優養成所では専門学校や声優スクールよりも実践的なレッスンを行われ、プロダクションに所属するための最短ルートだとも言われています。

 

声優養成所はプロダクションに付属していたり、プロダクションと繋がりがあったり、声優を目指すルートとしてはお勧めですが、それまでの過程も含めて大切なことは、どこで学んだのかということではなく何を学んだかということです。

 

養成所に入るまでの流れは大きく4段階。

①養成所探し・選び

②応募

③オーディション

④入所手続き

 

まず、どんな養成所があるのかを知ることが大切です。

ただし、養成所の公式サイトを見ても応募について何も書いていない場合がありますし、一年中応募を受けているわけではありません。確認が必要です。

また応募には、履歴書をはじめ、ボイスサンプルが必要な場合もあります。

 

専門学校(声優コース)

専門学校では何の経験もない初心者でも、声優になるための基礎~実践的なスキルを学ぶことができます。教育法に定められた専修学校なので、履歴書に「専門学校卒業」の記入をすることができます。修業年限は1年~2年が一般的で、かかる学費はおよそ50万~200万円程度です。

 

声優スクール

専門的な技術を育成する施設で、専門学校とは違い正式な学歴とはなりません。規定がないぶん、カリキュラムの自由度は高いです。

学費も専門学校に比べてリーズナブル(20万~50万円程度)。登校日や時間を選べるスクールも多く、社会人や大学に通いながら学んでいる方も多いです。

 

オーディション

声優になれるというオーディションもあります。しかしこれはかなり稀なケースです。

現在行われているオーディションは、81プロデュースが主催している「81オーディション」。

毎年8月1日に行われています。

 

スカウト

定期的に舞台をやっている人の場合は、アニメ制作の関係者からスカウトされることもあります。これこそ、ほんとに稀ですが、実際に舞台から声優業界に入ってきた声優もいます。

 

声優になるための一般的な進路

一般的な進路の流れ

◆高校卒業 → 専門学校・スクール・大学に通う。

◆専門学校・スクール・大学を卒業後or通いながら「声優養成所」へ。

◆「声優養成所」で実践的なスキルを身に付けて「プロダクション」所属。

出典:http://声優デビュー.xyz/?p=155

出典:http://careergarden.jp/seiyuu/naruniha/

 

基本は声優養成所!プロになるための近道

声優養成所に通うことは、声優になる方法の1つですが、基本的には、声優の養成所や専門学校に通うことが一般的です。オーディションやスカウトで声優になる道もありますが、このケースは本当に稀です。あったとしても合格できる人は、ほんとに限られたごくわずかな人のみであり、そもそもそういったオーディション自体がほとんど行われることがありません。

 

作品オーディションを受けるには、基本的に声優事務所(プロダクション)に所属している必要があります。そのプロダクションに所属する際にも倍率の高いオーディションがあります。

 

そのプロダクションに所属するために、スキルを身に付けてからオーディションを受けることが一般的とされますが、学ぶ場の「専門学校・声優スクール」と「声優養成所」の大きな違いは、次の2点が挙げられます。

①基礎技術か実践的技術かどうか

②声優プロダクションとのつながりがあるかどうか

 

養成所で学ぶことは、実績的なスキルであり、基本スキルではありません。

養成所は、プロダクションが運営しているところも多いので、声優を選出する際にも自信が運営している声優養成所から選ばれることが多いです。

 

一方、専門学校や声優スクールは、基本的なスキルであり、技術の基礎を身に着けることは出来ますが、残念ながら声優事務所とそれ程強い結びつきがあるワケではありません。

高い学費を支払って声優としての技術を身に付けたとしても、声優になれない確率も非常に高くなってしまうのです。

 

そのことを考えれば、養成所とつながりのある声優事務所・プロダクションに所属する事がプロの声優になる一番の近道です。

声優養成所では、プロの声優から直接指導を受けることができたり、週1回からレッスンを受ける事が出来るのです。

 

出典:http://siyuukingdum-animeaudition.com/animation-engilabo/ao2-production-saiyuuaudition-183

 

まとめ

以上、声優になるための方法を説明してきました。

声優になるためには、プロダクションとのつながりのある「声優養成所」に通うのが一番の近道であるようです。

もちろん、養成所に通ったからと言って、かならず声優になれるとは限りません。

声優養成所に入るにもオーディションがあるので、まずそれに合格しなければなりません。

声優になりたい人が増えてきている!また声優学校が増えてきている!一方、まだまだ「なるための方法」など情報が少なかったり、ごくわずかな人間しか声優になれないのが現状です。

まずは、なるための「情報収集」と日頃から「表現力を磨くこと」を大切にしましょう!