「アイドル声優」というキーワードが生まれて、もう現在では一般的に通じるようになるほど声優という職業の活躍する現場は増えましたが、そんな現在も活躍するアイドル声優の中でも屈指の人気を誇っている声優と言えば小松未可子の名前が挙がりますね。

現在注目が集まっているアニメ「アトム ザ・ビギニング」の堤茂斗子役、「ダンまち」の略称で有名な「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のスピンオフ作品「ソード・オラトリア」のフェルズ役など話題に事欠かない小松未可子。

小松未可子はアニメよりもゲームで声を聴くことが多い声優ではあると思いますが、それ以上に彼女はラジオ出演が非常に豊富な声優という特徴があります。津田健次郎との軽妙なトークが話題だった「K of Radio」や国民的アニメとなった「ガールズ&パンツァーRADIO」シリーズなど数多くのパーソナリティを担当しております。

さて、本日はそんな注目を集める声優、小松未可子についての特集をしようと思います!

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

小松未可子プロフィール

出展:http://animage.tumblr.com/post/98737268104/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E6%9C%AA%E5%8F%AF%E5%AD%90

名前 小松未可子
ニックネーム みかこし、こまみん、こまっちゃん
生年月日 1988年11月11日
出身地 三重県桑名市
血液型 B型
代表作  HEROMAN(ジョセフ・カーター・ジョーンズ)
遊☆戯☆王ZEXAL(観月小鳥)
ニセコイシリーズ(鶫誠士郎)

小松未可子は声優としてゲームやアニメに出演し忙しく活動を行う傍ら、歌手活動も精力的に行っております。アニメゲームのキャラクターソングはもちろんのこと、自身の名義でも多くの作品を世に輩出しております。またその活動は声優、歌手だけに留まらずグラビア活動も行っており、まさに「アイドル声優」の名をほしいままにしています!”

小松未可子、担当したキャラよりも注目されているものがあった…?

出展:http://natalie.mu/music/pp/komatsumikako03

様々な方面で活躍をしている小松未可子ですが、ネット上では歌手活動や声優活動よりも注目されているとあるキーワードがありました。

それは「わがままボディ」

わがままボディ。筆者の認識で言うと、いわゆる豊満な体型の人物に対して揶揄するような言い回しで使われるキーワード。ですが、当の小松未可子の写真を見てもモデル体型までは言い難いですが、スラッとした女性らしい体型です。もしかして、スゴイ太っていた(ストレート)という黒歴史があるのでは!?!?!と思って探してみましたが、特にそのような過去は暴露されていないようです。

では小松未可子のわがままボディとはいったい何なのだッッ!!

スポンサーリンク

ネットにも隠されてしまう情報もある・・・

出展:https://matome.naver.jp/odai/2138580591206318401

小松未可子とわがままボディの関係を調べてみましたが、そのキーワードと直結するような情報は公式にはありませんでした。調査したところ、どうやら小松未可子が出演したラジオ「K of Radio」の一幕で彼女自身が発言した「わがままボディ」という言葉がそのまま注目ワードに至ったようです。
筆者としてはこんな美味しいキーワードがあるのに、小松未可子が発言していた証拠が見つけられなかったのが悔やまれます…っ!
まぁ、ともあれ、ラジオで発言した小さな一言ですら注目の的になってしまうということは、それだけ小松未可子の注目度も高まっていることの裏付けですね!

 

ちなみに以前は以下のようなキーワードが出ていたようです。

見れなかったのが心底、本当に心底残念です…ッ!!!

わがままボディの持ち主、小松未可子はこれからも躍進!

出展:http://anidolotaku.tumblr.com/

わがままボディ発言の裏付けができなかったのが悔やまれます。

ちなみに、このわがままボディを記事にするにあたって再度辞典で調べてみましたが、以下のような言葉のようです。

「出ている所は出ていて、引っ込んでいる所は引っ込んでいる」という、一部の男性が(主に女性に対して)理想的とする体型の一つを表した言葉。グラビア雑誌などの男性誌でよく見かける言葉。

出展:http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3

いわゆるモデルスタイルのことがわがままボディだったようで、筆者の認識が真逆でした!お恥ずかしい限りです…

脳のしわが一本増えた筆者がこれからもわがままボディの小松未可子を応援します!

スポンサーリンク