今や様々な作品に出演され、数々の有名作品を生み出している人気声優の神谷浩史さん。40代と思えない若々しい容姿に加え、イケボのため人気声優の地位を確立している彼ですが、そこに至るまでには知られざる苦悩が…!?また結婚説も噂される中。その真相に迫ります。

一度は声優になることをあきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。
声優の学校の学費、レッスン内容は?
一生に一度で良いから声優の仕事をしたいと考えてる人にもおすすめです。

神谷 浩史とは?

出典:https://matome.naver.jp/odai/2147705478489314501

 

《プロフィール》

氏名 神谷 浩史(かみや ひろし)
愛称 ヒロC、ピロシ、神谷さん、かみやん、兵長
出生地 千葉県松戸市 (茨城県・牛久市育ち)
生年月日  1975年1月28日
血液型  A型
身長  167 cm
職業  声優、歌手、ナレーター
 所属事務所  青二プロダクション
 デビュー作  アベックの男(『ツヨシしっかりしなさい』)

 

《代表作品》

・SDガンダムフォース(キャプテンガンダム)他

・さよなら絶望先生(糸色望、糸色命、久米田康治)

・夏目友人帳シリーズ(夏目貴志)

・化物語(阿良々木暦)

・デュラララ!!(折原臨也)

・黒子のバスケ(赤司征十郎)

・おそ松さん(松野チョロ松、チョロ松、菊松、チョロ子)

 

大の猫好き。

自宅でも「にゃんこ先生」という名前の猫(ロシアンブルー)を飼っている。

根谷美智子の大ファン。

出不精で、休みの日は家で飼い猫と一緒に昼寝をしたり、ゲームをしたりするのが好きらしい。

子供の頃からゲームセンターに通う少年であり、世に出ている殆どの家庭用ゲーム機を所持している。

スポンサーリンク

声優活動

声優を目指すきっかけ

出典:http://www.officiallyjd.com/archives/356507/20140508_ono_43/

 

高校3年時に空手部を引退後、友人が作った演劇部に参加し大会で個人演技賞を受賞したことをきっかけにその後役者を志し、芸術系の大学を志望しましたが受験に失敗。

そんな時に演劇雑誌『テアトロ』に載っていた青二塾と無名塾の広告を見て、カリキュラムがしっかりしていると感じた青二塾に声優養成所と知らず東京校第14期生として入所する。

自身も身長が低かったため、役者は諦めて声優に転向することとなりました。

 

下積み時代から受賞声優へ

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/daisaku_love_nao/4003795.html

 

1994年にデビュー。最初の仕事はドラマCD『三國志DX4 三國志満漢全席グレート』の生徒役。

デビューして数年はナレーションの仕事が多く、22歳の時に始まった情報番組『スーパーナイト』では生放送中に声を入れることがあり「生ナレをつけている最年少だ」と自負していた。

意外と下積み時期が長く、アニメなどでは脇役が多かったようです。きた仕事は断らない主義で、ナレーションの仕事で伝え方などを鍛えたそうです。

 

そんな神谷さんは今では数々の賞を受賞されるほども人気声優です。

声優アワードでは5年連続受賞され、殿堂入りまで果たしました。

 

出典:http://www.koepota.jp/news/2013/03/13/0201.html

 

《受賞作品》

2008年 第2回声優アワードサブキャラクター男優賞受賞。

2009年 第3回声優アワード主演男優賞/ベストパーソナリティー賞受賞。

2010年 TAF東京アニメアワード声優賞(化物語/阿良々木暦役)受賞。

2012年 第6回声優アワード最多得票賞受賞。

2013年 第7回声優アワード最多得票賞受賞。

2014年 第8回声優アワード最多得票賞受賞。

2015年 第9回声優アワードパーソナリティ賞と最多得票賞を受賞。

2016年 第10回声優アワード最多得票賞受賞。5年連続受賞

10月、 Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2016男性声優賞を受賞。

 

演じる役と本人の性格

出典:http://blog.livedoor.jp/ayu33153315/archives/19911138.html

 

神谷さんは数多くの作品に出演されており、爽やかな少年から腹黒毒舌まで幅広い役柄を演じられています。どちらかというと役はそれぞれ個性が強く、ライバル役や冷徹非情な敵役、ドSキャラが多いような印象です。

神谷さん本人もラジオやイベントなどでドS発言をして後輩声優で遊んでいるところも多いことから、性格もドSなのでは?と言われていますが、本人曰く「自分はそういう性格ではないが、皆がドSキャラを望んでいるから演じているだけ」「凄く後ろ向きな性格で何でも疑う」ため、『さよなら絶望先生』で演じた糸色望には共感するという。」と語っている。

ただ、声優仲間からは「真面目」「優しい」「気遣いの人」と発言されており、面倒見も良いことから、後輩声優からも慕われやすく、ファンに対しても紳士的な面が垣間見えます。

鋭いツッコミを入れた後にデレ発言をしたり、褒められると逆ギレした後にデレたりすることから、”究極のツンデレ”とも言われている。

スポンサーリンク

生死をさまよった交通事故

2006年8月7日、バイクの運転中に交通事故に遭い入院。

どのような事故だったか事務所側からは明かされていないが、当時、テレビアニメ「ハチミツとクローバー2」のアフレコ現場へと向かう途中、トラックとの接触事故だった模様。

医師は母親に「もう助からないと思った方が良い」と告げる程重篤で、一度心肺停止状態に陥るなど危険な状態であったが、奇跡的に意識が戻ったという。

意識が戻るまでは1カ月近くかかったが、本来ならば少なくとも半年は入院しないといけないところを、一刻も早く仕事に復帰したいという強い意思で驚異的な回復を見せ、意識が戻ってから約1カ月の同年9月29日に退院。

その後もリハビリを続け、同年12月25日に放送された『爆球Hit! クラッシュビーダマン』最終回の神岡テルマ役で復帰を果たした。

また入院中、友人らから回復を願いお守りとしてクロスネックレスが贈られており、退院後はほぼ毎日身に付けていた。現在は傷まないよう鞄に入れて持ち歩いている。

 

この件は多くの同業者のブログでも当時触れられ心配されており、面会ができるようになると、置鮎龍太郎、朴璐美、安元洋貴、中村悠一、杉田智和ら声優仲間たちが駆け付けてくれたと、神谷自身が後にラジオで語っている。

作品エピソード

ガンダム作品

出典:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1241740835

 

今や様々な作品に出演されている神谷さん。

声優になって良かったことは、『SDガンダムフォース』でキャプテンガンダム役を演じ「ガンダムになれたこと」。自宅にも沢山のガンダムアイテムを飾っていると語っている。

子供の頃からガンダムに乗ることが夢であり、いくつかのガンダム作品のオーディションを受けている。

 

新房昭之監督作品

出典:https://twitter.com/myasan0128/status/647017703375376384

 

新房作品ではお馴染みの声優として名が挙がることもあり、主役を4度演じている

 

◆『月詠 -MOON PHASE-』の森丘耕平

◆『さよなら絶望先生』シリーズの糸色望

◆『〈物語〉シリーズ』の阿良々木暦

◆『荒川アンダー ザ ブリッジ』のリクルート

 

『さよなら絶望先生』の糸色望は、原作を一読者として読んでいた頃から声がイメージできず、他人事のように思っていたところ、指名により自身が演じることになった。

 

また『化物語』では同クールから始まる『【懺・】さよなら絶望先生』でも主役を務めていたため、両作品の監督を務める新房昭之監督も起用を迷ったが、「映像のプランが固まった時、暦は神谷さんしかいない」との理由から「同クール・同一監督」の作品で、両方主役を務めることとなった。

 

『荒川アンダー ザ ブリッジ』のリクルート役は、20人程度の候補者の中からオーディションを経て決定した。

 

新房昭之監督は神谷を「いわゆるアニメのテンプレートではない、自然な芝居が出来る人」と評価している。

スポンサーリンク

夏目友人帳

出典:http://www.suruga-ya.jp/product/detail/G6842103

 

ファンから「(飼い猫と)同じ名前の猫が出ていますよ」とコミックスが送られてきたことにより、主人公を演じる以前から原作を知っていた。

なお、キャストは原作者緑川ゆきの指名により決定された。

 

ONE PIECE

出典:http://www.imgrum.org/user/hirdojob/1598288287/1009642157871686245_1598288287

 

『ONE PIECE』では第1話で「海賊A」として初出演しており、その後も何度か端役として出演していた。

2009年に親交があった『ONE PIECE』のプロデューサー柴田宏明のキャスティングで、王下七武海トラファルガー・ローを演じることになった。

 

神谷浩史は結婚していた!?

結婚報道!そのお相手は?

2016年7月12日発売の週刊誌「FLASH」に、子供を抱いている写真が掲載され、実は結婚していたことが報じられました。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2146826109536336701

 

その結婚相手というが、漫画家の中村光さんという方でした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Ag-2X7xcvpU

 

中村光さんのプロフィール

名前 中村光

生年月日 1984年4月21日

出身地 静岡県伊豆市

血液型 O型

職業 漫画家

代表作:「荒川アンダーザブリッジ」、「聖☆おにいさん」など

 

この記事で結婚疑惑が浮上しましたが、実は2013年ごろからネット上で結婚説が噂されていた2人。

引っ越した時期や、同じキャットタワーがあるなど共通点も多かったのです。

しかし、今までは「噂は噂」程度の扱いだったのですが、神谷さんが報道写真と同じ服を過去に着ていたこともあり、「そっくりさん」ではないだろうという状況になりました。

スポンサーリンク

所属事務所がコメント

報道を受けて、所属事務所「青二プロダクション」は下記のようにコメントしました。

 

現在、一部報道におきまして弊社所属タレントに関する記事が出ておりますが、

所属タレントのプライバシーに関わる事、プライベートな事に関して、弊社としてはお答え致しかねますのでご了承ください。

弊社では、所属タレントがより良い仕事をしていくためには、プライベートを含め、人として充実した生活が大切であると考え、日々指導及びマネジメント致しております。

 

内容は否定も肯定もしておりませんが、どちらかというと肯定しているとも取れる内容。

 

ご本人もラジオで言及

出典:http://d-ue.jp/pkg/DUED1154.html

 

また、神谷さん本人も7月16日放送のラジオ「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」の冒頭で、結婚騒動について言及。

下記がラジオ内容を文字起こししたもの↓

 

神谷「さて、今日はですね、僕神谷浩史からリスナーの皆さんにお話ししたいことがありまして、実は今回のラジオのオープニングを録り直してお届けしております。え~、察しのいい方はお分かりかと思いますが、今週発売になった写真週刊誌にですね、僕のプライベートに関する記事が掲載されました。その事に関してご心配をおかけしたり、中にはお心を痛めていらっしゃる方がいたら、まずはお詫び申し上げます。すいませn。いつもの軽口を許していただけるのなら、あの写真もっといい写真はなかったのかっていうことなんでございますけれども」

小野「はははwww」

神谷「え~、普段はね、まああの~、声優雑誌なんかで見かけるメイクした上に修正していただいた僕に似ても似つかないまあ~いつものさえないおっさんのほうが僕は見慣れてるんですけども」

小野「あ~w」

神谷「それ見たら僕がプライベートなんて見せたくもないし、しゃべりたくもないっていうのはなんとなくわかっていただけると思うんです。今回ですね、思いもよらない所からプライベートにスポットを当てられてしまいまして、僕としても驚いております。品行方正ではないかもしれないし、みなさんには誇れるものではないかもしれないですけども、プライベートというものが存在しています。でも僕にとっては守るべきプライベートです。そのプライベートという土台の上に皆さんが知っている声優の神谷浩史は存在しています。

僕個人の考え方として、プライベートをお仕事やエンターテイメントにはなるべく持ち込まない、として自分がやりたいと思うことよりも、みなさんに楽しんでもらうことを優先する。あとは嘘はなるべくつきたくない、みたいなそういった漠然としたことではありますが強いポリシーがあります。声優という職業上、自分の名前で人前に立ったりとか、ラジオなんかで発言するときも、常に作品やキャラクターを背負っているいう自負が、そういったポリシーを持つにいった要因であることは間違いないと思います。イベントなんかに足を運んでくださったりとか、あるいはテレビ・ラジオなどにこうチャンネルを合わせてくださっている皆さんに、その時間を楽しんでいただくことが僕にとって一番重要なことだと考えています。その場にそぐわない行動は極力慎むということなんだと認識していただければと思うんです。その弊害としまして、プライベートが介入する隙間がなくなってご報告するタイミングを逸したまま現在に至ってしまったことは、今回の事態をまねいた一因だと思ってます。ですが、そういったポリシーを理解してくださっているスタッフと一緒に全力でエンターテイメントに向き合ってきた結果が、先日のEXPOなどにつながっているんだと思っています。」

小野「そうですね」

神谷「なので、これからもポリシーを持ってみなさんに楽しんでいただける時間をご提供できるよう、正しくエンターテイメントというものに向き立っていきたいと思っていますので、引き続き、マイクを通じて全力でパフォーマンスをすることをお許しいただければという風に思います。僕個人として、発言する場、ブログやツイッターなどをやっていないこともあり、今回文化放送並びにスポンサーの了承を得たうえで、今回お時間をいただきました。CMが明けた瞬間からね、いつもの楽しい放送をお届けるすることをお約束しますので、引き続きいつものようにお付き合いいただけたら幸いです。」

小野「うん!いやもう本当にでも、目の前にいるおじさんはいつもの冴えない人です。」

神谷「笑」

小野「ええ笑い」

神谷「うんほんとそうまあ…そうな。ほんとにすまんな」

小野「いやいやもうこれからも一緒にゲラゲラわっはっはしていこうよ」

神谷「冴えないおっさんでほんとすまんが」

小野「もうもうもうもう!」

神谷「これからもよろしく頼むよ」

小野「はい」

神谷「はい!今夜も始めていきましょう!僕とあなたの物語!」

内容は「冴えないおっさん」など自虐ネタを織り交ぜながらも、エンターテインメントの仕事にプライベートは持ち込まないというポリシーを持っているため、報告のタイミングを逸したまま現在に至ってしまったと、否定はせずに暗に報道を肯定しているような内容でした。かなり信憑性が高いように思います。

 

さらに付け加えて、心配してくれたファンに向けて謝罪し、「楽しんでいただくことが僕にとって一番重要なことだと考えています」とコメント。

小野さんのナイスフォローもあるなど、ヒロC小野Dのコンビネーションを再確認できたラジオ内容となりました。

スポンサーリンク

神谷浩史&中村光結婚報道騒動の流れ

6/12 1時頃

FLASHを読んだ人物が該当ページをTwitterに掲載。個人のツイートから始まったため拡散。

07時頃

ツイートが増加。ツイートが三桁を超える。

11時頃

神谷の所属事務所先輩である豊嶋真千子がこの件について触れ、以前から結婚を知っていたと語る。このツイートはすぐに削除された。

12時頃

神谷の所属事務所「青二プロダクション」が「プライベートな事に関して、 弊社としてはお答え致しかねます」と表明。

6/17

神谷がラジオ『神谷浩史・小野大輔のDearGirl Stories』の第484回にて件の報道に触れる。

ファンに心配をかけたと謝罪しつつも「プライベートをお仕事に持ち込まない」と発言し、直接的な肯定も否定も行わなかった。

 

まとめ

出典:http://animetsuki.hatenablog.com/entry/2016/01/28/074351

人気声優の神谷浩史さんの来歴からエピソード、結婚報道について触れてきました。

結婚報道については、正式に発表がされていないので確かではありませんが、今や声優もアイドル並みの扱いで報告がしづらいのも現状でしょうね。

ただ、その報道があったからと言って批判するのではなく、純粋に応援していきたいものです。今後の活躍に期待が高まります!

スポンサーリンク